採用メッセージ

求めやすく愛嬌たっぷりなハウスウエアの世界で、真剣勝負しています。

代表取締役

科野 晃一郎

当社の採用ホームページにアクセス頂きありがとうございます。私たちは、明治時代から5代に渡り雑貨貿易を営んできた商家を源流に、私の父の代には日本製のカトラリーや陶磁器製品をはじめとするハウスウエア全般をアメリカやヨーロッパ諸国へ輸出する専門商社へと成長してきました。その後、モノづくりのグローバル化に伴い生産拠点が日本から中国へと移転する中で「中国製品を日本へ輸入する事業」も始め、シナノインターナショナルコマースを設立しました。現在は、アメリカを代表する複数の大手量販店や高級デパート向けのプライベートブランド商品の企画~製造を請け負い、また日本国内では全国展開で誰もが知る有名大手量販店とお取引をいただいています。

当社の強みは、質感、デザイン、流行のどれをとっても「この価格でここまでいいものがつくれるのか!」というインパクトを与えられることです。お客様の特性によりそれぞれに異なる要望にきめ細かく寄り添い、またトレンドを少しだけ先取りし、時代の空気にマッチした商品をベストなタイミングで供給するなど、細かなリサーチと努力の積み重ねがあります。その結果として、「商品を見た他社のバイヤーが当社を探し当てて新しいご縁が生まれる」という嬉しい流れも起こるなど、アメリカと日本、両国で「ハウスウエア専門商社」として存在感を発揮しています。今後は輸出、輸入の両方で培ったノウハウを活かし、さらなる取引拡大に向けて多方面で事業を推進していきます。

一緒にいると、楽しくなるハウスウエア。

このフレーズの「ハウスウエア」の部分を「人」に置き換えてみてください。一緒にいると、楽しくなる人。それはあなたにとってどんな人でしょうか?外見や育ったバックグラウンド、学歴や職業などに関係なく、愛嬌があり、なぜだか説明はできないけどフィーリングが合う身近な人ではないでしょうか。当社が目指しているのは、そんな「なんだか楽しい、カワイイ、身近に置きたくなる」ハウスウエア作りです。食器業界には長い歴史があり、ブランドものなどの高級品はいくらでも存在しますが、それらとはまたひと味違った、等身大で「これ好き!」と言ってもらえるようなモノを生み出し続けたいと考えています。同時に、会社そのものも「働く人が楽しく満足できる」組織になるよう尽力しています。一人ひとりの「楽しい」「満足」という実感が会社の発展に直結し、ひいては社会への貢献にもつながっていくような働き方ができる会社をつくることが、私の仕事だと思っています。

目先の利益にとらわれず、問題が起きても逃げない。

手前味噌ながら、高い顧客満足実現のために長年の経験を活かしながら、誠実にお客様と向き合うスタンスを貫き通しています。例えば、アメリカの大手企業が自社のプライベートブランド商品の企画を、なぜ当社に依頼するのか、その理由を説明させていただきます。陶磁器製品づくりは分業化が進み、材質や製法によって生産工場が分かれています。一つのお皿を作るにも、デザインや素材、目的によって選ぶべき工場が違うのですが、その「マッチングの正確さ」という点で当社の長年の経験が活きているのです。長い年月をかけて中国にある多くの工場との取り引きを実現し、設備や得意分野、職人さんたちのスキルまで知り尽くすデータベースを保有しています。さらに誇れることは、「万が一、問題が起こった時でも逃げずにしっかり対応してきた」という実績です。安値に甘んじて品質をごまかすようなことは絶対にせず、約束を守り、損得よりも善悪で判断する。いつも真剣勝負する姿勢が5代に渡り貿易を続けてこられた礎となってきました。ですから社員にも、「ごまかさない、嘘をつかない」真面目さ、一生懸命さを求めます。「世の中をあっと言わせるデザインを生み出して目立ちたい」「世界を舞台に、上手く儲かるビジネスを身に着けたい」といった志向をお持ちの方に向く職場でありませんので、ご承知ください。引き続き、ぜひ社員インタビューのページもお読みください。当社の特色をより深く理解いただけると思います。