社員インタビュー

「営業事務プラス〇〇」。〇〇に何を入れるかはあなた次第。

営業事務(受発注業務、営業サポート、IT推進)担当

ゆか

広告代理店で求人情報誌の制作、OA機器販売会社での事務スタッフを経て、2011年に入社。営業事務と並行して、社内の業務を一括管理する基幹システムづくりに意欲的に取り組むIT推進も担当。

「このシリーズはどのくらい売れそうか?」を予測。


私の仕事は、すでに発売された商品の「リピート注文」や、新規のお客様からの「こんな食器が欲しいが用意できる?」という依頼に対して迅速に対応すること。大手量販店や雑貨屋さんなどのお客様からの「この商品をいつまでに〇〇個欲しい」という注文に確実にお応えできるよう、国内のメーカーに直接発注をかけて納期管理をし、輸入品の場合は社内の海外仕入れ部門と連携してスケジュール管理を行います。また、在庫情報も常に更新しています。そんな中、私たちが大切にしているのは、発注をいただく前から「このシリーズはどのくらい売れそうか?」と予測し、先回りして動いておくこと。販売店から届く商品一つひとつの実売データをじっくり分析。過去の実績やトレンドなどをもとに、「このシリーズは数日中にリピート注文がありそう」と読み解き、準備を進めておきます。お客様と実際に会うことはめったにないオフィスワークですが、電話やメールで毎日のようにコミュニケーションをとるので、「お客様と一緒にものづくりをしている」という実感があり、「水谷さんのおかげで売上が伸びている」と褒められると「やった!」と思います。

まさか私がシステム担当?

現在当社は、業務用の基幹システムを見直しているところで、私がその窓口担当を受け持つことになりました。システム会社の技術者と社長が打ち合わせする際に私も同席し、「顧客管理と受発注システムはこんな感じでリンクしたほうが便利ではないか」「システム上で人的ミスを防止できないか」など、その場で自由に発言しています。実際に意見が反映されることも多く、自分が組織の成長に一役買っているかと思うとうれしいです。ITの技術的なことはほぼ知らなかったのですが、この業務をすることでうっすらとシステムづくりの概要が見えてきました。また、英語は苦手ながらも輸入手続きの書類作成の手伝いを申し出たこともあります。教えてもらいながら実際にやってみることで貿易の実務を知ることができ、お客様とのやりとりや社内でコミュニケーションがよりクリアになりスムーズに運ぶように。これらの経験から以前にも増して「新しい経験をしたい」と思うようになり、営業スタッフや社長もそんな私の気持ちを分かって「こんな仕事もあるけど挑戦してみる?」と話をふってくれます。これは私だけが特別というわけではなく、スタッフ全員に言えること。「こんなことをしたい」「こっちの方向へ進みたい」ということを誰が言っても耳を傾けてくれますので、「事務として採用されたから事務だけ」ではなく、誰でもどんどん自由闊達に経験を広げていけます。

オフはライブを楽しむ。

アクティブな趣味人が多い当社。連休明けは「何した?」「どこに行った?」と楽しい話に花が咲きます。アーティストやアイドルを応援する人も多く、私もその一人。楽しみがあるので、仕事もいっそう頑張れます。楽しみと言えば、社員旅行はだいたい海外。2018年に中国に行き、グルメを堪能し、名所を見て刺激を受けました。「社員に特別な体験をさせよう」としてくれるユニークな社風をとても気に入っています。

他の社員インタビュー